【プロボーズするときはこの曲で!】 That’s All(ザッツオール)歌詞の意味

今回のジャズスタンダードちゃんねるで取り上げるスタンダードジャズは「That’s All -ザッツオール-」。1952年の曲で数々のアーティストにカバーされているアメリカのポピュラーミュージックです。

Crazy and Mixed Up
Crazy and Mixed Up

posted with amazlet at 16.09.01
SARAH VAUGHAN
CONCO (2007-01-16)
売り上げランキング: 18,046

 

jazusuta13_1

That’s All の歌詞の意味は?

ジャズスタ解釈ではこの曲の歌詞は下記な感じです。

僕が君のためにできることは永遠の愛や寂しいときそばにいてあげること。君が「私はあなたに何をしてあげれば良いの?」と思ったら僕にこう言ってほしい「あなたを愛しています」と。

 

好きな人への最高のメッセージ!

大好きな相手に気持ちを伝えるのにぴったりなこの曲。「僕が持っているものは両手が全て、君を抱きしめるための」って、もう世界が君中心になってます。。

jazusuta13_2

プロポーズにこっそりBGMとして有り!?

曲によっては軽快なテンポで演奏したりしてますがバラードの演奏も多いです。プロボーズするときにこっそり流すと、「僕の全てを君にあげる」というメッセージが伝わるかも!

プロポーズ相手がジャズミュージシャンだったら特に・・。。

 

(画像をクリックでYouTube動画を見れます)

スクリーンショット 2016-07-26 17.37.03

最後まで読んでいただきありがとうございます!MCはジャズユーチューバーの”金子将昭“と”木村cotsuvu美保“がお送りしました!

【金子将昭(Pf)】
http://www.masaaki-kaneko.com
https://twitter.com/masaaki_kaneko
https://www.instagram.com/wa_japanese_jazz/
https://www.facebook.com/masaaki.kaneko.10

【木村cotsuvu美保(Vo)】
http://cotsuvu.com
https://twitter.com/cotsuvu

動画制作:そらまめ
撮影協力 : King’s Bar Vignette

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*